ひろそ火句会.com

記事一覧(45)

平成31年1月 月例インターネット句会 Vol.83結果発表

木暮陶句郎 選◎特選 8句銀製の干支の根付や初不動(松本由美子)この頃は優しく見えて初鏡(鈴木由里子)霜晴や女子高生の紅ひいて(里村 閑)参道の脇の明るさ梅白し(阿部ひで希)かけ込みし快速のドア初電車(堤 かがり)ポプコーン爆ぜぬ二三個冬の雨(岩佐 晴子)四温晴励ますためにある言葉(杉山 加織)カフェラテに描かれし花春を待つ(岩佐 晴子)〇入選  28句 上州の風に馴染みて初山河(清水 檀)神杉の天辺で鳴く初鴉(阿部ひで希)フレディとボウイを偲ぶ冬銀河(中野 千秋)厳かに刻動き出す初日影(星野 裕子)三猿を決め込むマスクかけにけり(ななさと紅緒)母逝きし輝きをます冬の星(堤 かがり)奥底のくれなゐ深く冬薔薇(杉山 加織)初乗りや新幹線に見る山河(清水 檀)懐手させたきジョニーディプかな(中野 千秋)凍雲を抜けしオリオン颯爽と(星野 裕子)寒晴の空の青さよ鳶の笛(稲葉 京閑)また父に似た人探す冬帽子(鈴木由里子)毛糸玉子らとの日々を手繰りよせ(ななさと紅緒)山削る川音高し千代の春(里村 閑)巫女のふる鈴のひびきの淑気かな(堤 かがり)勢ひよく啜るラーメン女正月(杉山 加織)ミルクティーまだ帰らない風邪の神(中野 千秋)冬銀河光を零す人は誰(鈴木由里子)涙てふ武器は使はじ冬薔薇(ななさと紅緒)初詣列にスマホを手放さず(清水 檀)ピアノ弾く指先遥かポインセチア(鬼形 瑞枝)年玉を米寿の義母にもらいけり(髙橋千登世)三日早や焦げ目の強きトーストパン(稲葉 京閑)去年今年積ん読の山育ちをり(ななさと紅緒)寒月に聴くボヘミアンラプソディー(中野 千秋)冬麗檜の香る六角堂(松本由美子)ランナーに三日の海のしろがねに(ななさと紅緒)寒月を突き上ぐエルメスのナイト(杉山 加織)互選7票窯の神まだ眠りをり松の内(木暮陶句郎)6票寒雀この世に首を傾げをり(木暮陶句郎)5票上州の風に馴染みて初山河(清水 檀)3票また父に似た人探す冬帽子(鈴木由里子)勢ひよく啜るラーメン女正月(杉山 加織)2票銀製の干支の根付や初不動(松本由美子)この頃は優しく見えて初鏡(鈴木由里子)マフラーやありきたりには幸せで(鈴木由里子)何故どうして不思議が好きで去年今年(岩佐 晴子)しばらくは烏が奪ふ初御空(中野 千秋)初乗りや新幹線に見る山河(清水 檀)煙突の天にまっすぐ冬の朝(鬼形 瑞枝)厳かに刻動き出す初日影(星野 裕子)道の辺の石も仏や梅探る(星野 裕子)寒晴れの空の青さよ鳶の笛(稲葉 京閑)吹き溜まる落葉や軽きものばかり(稲葉 京閑)奥底のくれなゐ深く冬薔薇(杉山 加織)四温晴励ますためにある言葉(杉山 加織)寒月を突き上ぐエルメスのナイト(杉山 加織)1票冬の雲間の空いと青し(竹俣 修)ミルクティーまだ帰らない風邪の神(中野 千秋)寒月に聴くボヘミアンラプソディー(中野 千秋)参道の脇の明るさ梅白し(阿部ひで希)展望よりスマホに収め初日の出(阿部ひで希)天焦がすほどに昇りてどんどの火(阿部ひで希)海老蔵を最前席に初芝居(清水 檀)悴む手に握る賽銭人の波(清水 檀)年玉を米寿の義母にもらいけり(髙橋千登世)三日早や焦げ目の強きトーストパン(稲葉 京閑)寄り添へる猫のまろみや鏡餅(松本由美子)ひとまずは初心に戻り初日記(松本由美子)毛糸玉子らとの日々を手繰りよせ(ななさと紅緒)ポプコーン爆ぜぬ二三個冬の雨(岩佐 晴子)カフェラテに描かれし花春を待つ(岩佐 晴子)霜晴や女子高生の紅ひいて(里村 閑)役目終へて風のポインセチアかな(里村 閑)笠借りて雪見としゃれる露天かな(安部じゅん)母逝きし輝きをます冬の星(堤 かがり)かけ込みし快速のドア初電車(堤 かがり)大地より冷え負独楽となりにけり(木暮陶句郎)柴犬の耳に笹鳴つきまとふ(木暮陶句郎)珈琲に留む日輪日向ぼこ(杉山 加織)互選結果◎竹俣修 選霜晴や女子高生の紅ひいて煙突の天にまっすぐ冬の朝窯の神まだ眠りをり松の内展望よりスマホに収め初日の出笠借りて雪見としゃれる露天かな◎松本由美子 選この頃は優しく見えて初鏡寒晴れの空の青さよ鳶の笛窯の神まだ眠りをり松の内年玉を米寿の義母にもらいけり柴犬の耳に笹鳴つきまとふ◎中野千秋 選寒雀この世に首を傾げをり煙突の天にまっすぐ冬の朝珈琲に留む日輪日向ぼこ道の辺の石も仏や梅探る天焦がすほどに昇りてどんどの火◎堤かがり 選初乗りや新幹線に見る山河窯の神まだ眠りをり松の内海老蔵を最前席に初芝居役目終へて風のポインセチアかな悴む手に握る賽銭人の波◎稲葉京閑 選上州の風に馴染みて初山河厳かに刻動き出す初日影奥底のくれなゐ深く冬薔薇窯の神まだ眠りをり松の内大地より冷え負独楽となりにけり◎天田秀樹 選奥底のくれなゐ深く冬薔薇ミルクティーまだ帰らない風邪の神吹き溜まる落葉や軽きものばかり寒月に聴くボヘミアンラプソディーマフラーやありきたりには幸せで◎星野裕子 選何故どうして不思議が好きで去年今年寒雀この世に首を傾げをり毛糸玉子らとの日々を手繰りよせ四温晴励ますためにある言葉マフラーやありきたりには幸せで◎岩佐晴子 選上州の風に馴染みて初山河厳かに刻動き出す初日影寒雀この世に首を傾げをりまた父に似た人探す冬帽子窯の神まだ眠りをり松の内◎清水檀 選寒雀この世に首を傾げをり寒晴れの空の青さよ鳶の笛また父に似た人探す冬帽子しばらくは烏が奪ふ初御空寒月を突き上ぐエルメスのナイト◎鬼形瑞枝 選上州の風に馴染みて初山河勢ひよく啜るラーメン女正月冬の雲間の空いと青し三日早や焦げ目の強きトーストパンポプコーン爆ぜぬ二三個冬の雨◎鈴木由里子 選上州の風に馴染みて初山河何故どうして不思議が好きで去年今年参道の脇の明るさ梅白ししばらくは烏が奪ふ初御空ひとまずは初心に戻り初日記◎阿部ひで希 選銀製の干支の根付や初不動母逝きし輝きをます冬の星初乗りや新幹線に見る山河窯の神まだ眠りをり松の内寒月を突き上ぐエルメスのナイト◎里村閑 選窯の神まだ眠りをり松の内勢ひよく啜るラーメン女正月吹き溜まる落葉や軽きものばかり寄り添へる猫のまろみや鏡餅道の辺の石も仏や梅探る◎ななさと紅緒 選上州の風に馴染みて初山河寒雀この世に首を傾げをりまた父に似た人探す冬帽子勢ひよく啜るラーメン女正月四温晴励ますためにある言葉◎杉山加織 選銀製の干支の根付や初不動この頃は優しく見えて初鏡寒雀この世に首を傾げをりかけ込みし快速のドア初電車カフェラテに描かれし花春を待つ

平成30年12月 月例インターネット句会 Vol.82結果発表

木暮陶句郎 選◎特選 8句蜜柑むく自分のことで精一杯(中野 千秋)麻雀に乗つ取られたる炬燵かな(岩佐 晴子)朝刊の霜のにほひを開きけり(ななさと紅緒)冬林檎白雪姫の祖母の年(中野 千秋)縁起物買ひて始まる年用意(稲葉 京閑)こだはりの蒲団の重さありにけり(堤 かがり)来週は冬のパンダを見に行かう(中野 千秋)革ジャンの背に滲むネオンかな(ななさと紅緒)〇入選  22句 今朝の雨霙となりて静かなり(髙橋千登世)それなりに十一月の庭の冷え(天田 秀樹)首飾り外してもらふ聖夜かな(ななさと紅緒)ここだけの話始まる炬燵かな(中野 千秋)小さき灯を繋ぎジオラマめく霜夜(杉山 加織)短日や句座終へ帰路の顔締る(阿部ひで希)枯木立風易々と通り抜け(清水 檀)歩いては抱つこせがむ子冬うらら(星野 裕子)ベランダに星見る二人着膨れて(岩佐 晴子)炉明りや夢の最中に未だ居りて(鈴木由里子)枯葉舞ふ風の調べに操られ(清水 檀)柊の匂ひ防犯カメラの門(稲葉 京閑)毛糸編む母を思えど母は亡く(髙橋千登世)冬銀河カムパネルラの居ない椅子(星野 裕子)河豚鍋や一年ぶりの顔揃ふ(堤 かがり)嚔して善き人を待つランチ席(鈴木由里子)日記買ふ未来の吾に見せるため(杉山 加織)立ち読みですます恋占着ぶくれて(ななさと紅緒)年の市風の速みて歩みける(鈴木由里子)吾を待つ手袋の指揃ひたる(杉山 加織)湯豆腐や昭和を語り睦まじく(岩佐 晴子)白山の酒蔵訪ぬ冬日かな(竹俣 修)互選5票銃口の最も暗し狩の森(木暮陶句郎)3票冬木の芽太陽余さず抱きしめて(星野 裕子)首飾り外してもらふ聖夜かな(ななさと紅緒)カーテンにこぼれつづけて聖樹の灯(木暮陶句郎)冬銀河カムパネルラの居ない椅子(星野 裕子)蜜柑むく自分のことで精一杯(中野 千秋)心刺す色はくれなゐ冬薔薇(星野 裕子)2票千年の天地とともに冬の宮(阿部ひで希)駆け下りる冬野夕日の匂ひして(堤 かがり)ここだけの話始まる炬燵かな(中野 千秋)小さき灯を繋ぎジオラマめく霜夜(杉山 加織)朝刊の霜のにほひを開きけり(ななさと紅緒)日記買ふ未来の吾に見せるため(杉山 加織)極月の森に魁夷の白馬ゆく(木暮陶句郎)ポインセチア添へる彩り煉瓦カフェ(清水 檀)冬帝やカナリアの脈薄々し(鈴木由里子)胸に抱く映画の余韻冬の月(中野 千秋)湖へモザイクめける散紅葉 (木暮陶句郎)1票霜月や道一筋に天満宮(清水 檀)枯木立風易々と通り抜け(清水 檀)歩いては抱つこせがむ子冬うらら(星野 裕子)ゆでたまごいつもふたつのおでんかな(里村 閑)ベランダに星見る二人着膨れて(岩佐 晴子)朱・紅・赤・あかの急かする街師走 (ななさと紅緒)暮早し湖の電飾新機軸(阿部ひで希)柊の匂ひ防犯カメラの門(稲葉 京閑)麻雀に乗つ取られたる炬燵かな(岩佐 晴子)冬林檎白雪姫の祖母の年(中野 千秋)枯山の斜面ふつくら榛名富士(阿部ひで希)縁起物買ひて始まる年用意(稲葉 京閑)鯛焼きのシッポも餡が詰まりをり(髙橋千登世)こだはりの蒲団の重さありにけり(堤 かがり)冬めくや頬張る顔もそのひとつ(里村 閑)立ち読みですます恋占着ぶくれて(ななさと紅緒)吾を待つ手袋の指揃ひたる(杉山 加織)日本海冬夕焼けの雲の峰(竹俣 修)湯豆腐や昭和を語り睦まじく(岩佐 晴子)革ジャンの背に滲むネオンかな(ななさと紅緒)互選結果◎里村 閑 選 駆け下りる冬野夕日の匂ひして小さき灯を繋ぎジオラマめく霜夜カーテンにこぼれつづけて聖樹の灯銃口の最も暗し狩の森枯山の斜面ふつくら榛名富士◎堤 かがり 選ここだけの話始まる炬燵かなカーテンにこぼれつづけて聖樹の灯銃口の最も暗し狩の森吾を待つ手袋の指揃ひたる心刺す色はくれなゐ冬薔薇◎竹俣 修 選霜月や道一筋に天満宮首飾り外してもらふ聖夜かな暮早し湖の電飾新機軸立ち読みですます恋占着ぶくれて湖へモザイクめける散紅葉◎髙橋千登世 選店先の陶に名残りの初時雨枝折り戸の向かうに石蕗の花の径稚の手のはじめてつかむ木の実かな山茶花やしばしの留守にこぼれをり路線みな小さな駅舎残り菊◎星野裕子 選朝刊の霜のにほひを開きけり極月の森に魁夷の白馬ゆくポインセチア添へる彩り煉瓦カフェ胸に抱く映画の余韻冬の月湖へモザイクめける散紅葉◎清水 檀 選冬木の芽太陽余さず抱きしめてここだけの話始まる炬燵かな蜜柑むく自分のことで精一杯縁起物買ひて始まる年用意湯豆腐や昭和を語り睦まじく◎天田秀樹 選駆け下りる冬野夕日の匂ひして冬銀河カムパネルラの居ない椅子冬林檎白雪姫の祖母の年心刺す色はくれなゐ冬薔薇冬帝やカナリアの脈薄々し◎安部じゅん 選千年の天地とともに冬の宮朱・紅・赤・あかの急かする街師走蜜柑むく自分のことで精一杯柊の匂い防犯カメラの門心刺す色はくれなゐ冬薔薇◎鈴木由里子 選カーテンにこぼれつづけて聖樹の灯銃口の最も暗し狩の森冬銀河カムパネルラの居ない椅子冬めくや頬張る顔もそのひとつ革ジャンの背に滲むネオンかな◎ななさと紅緒 選千年の天地とともに冬の宮冬木の芽太陽余さず抱きしめて麻雀に乗つ取られたる炬燵かな極月の森に魁夷の白馬ゆく冬帝やカナリアの脈薄々し◎岩佐晴子 選冬木の芽太陽余さず抱きしめて歩いては抱つこせがむ子冬うらら日記買ふ未来の吾に見せるためこだはりの蒲団の重さありにけり胸に抱く映画の余韻冬の月◎中野千秋 選首飾り外してもらふ聖夜かなゆでたまごいつもふたつのおでんかな銃口の最も暗し狩の森日記買ふ未来の吾に見せるため鯛焼きのシッポも餡が詰まりをり◎阿部ひで希 選小さき灯を繋ぎジオラマめく霜夜枯木立風易々と通り抜けベランダに星見る二人着膨れてポインセチア添へる彩り煉瓦カフェ日本海冬夕焼けの雲の峰◎杉山加織 選首飾り外してもらふ聖夜かな蜜柑むく自分のことで精一杯銃口の最も暗し狩の森冬銀河カムパネルラの居ない椅子朝刊の霜のにほひを開きけり

平成30年11月 月例インターネット句会 Vol.81結果発表

木暮陶句郎 選◎特選 7句冬に入る恋の始めのピアスかな(鈴木由里子)鶏卵のほのかな温み日短か(ななさと紅緒)風食らひ狼飢ゑを凌ぎけり(星野 裕子)冬紅葉単線列車遅れがち(中野 千秋)もう言葉の要らぬふたりに木の実降る(里村 閑)神渡雲はひたすら棚引きぬ(杉山 加織)蜜柑剥く掃除洗濯やり終えて(稲葉 京閑)〇入選  26句 青空の窓辺にうつる柿簾(鬼形 瑞枝)トンネルを抜けしライトに時雨けり(堤 かがり)見栄えよく並べる工夫文化の日(阿部ひで希)過去を引き剥がして散りぬ蔦紅葉(杉山 加織)杣道の途切れむとして雪蛍(稲葉 京閑)長い長いトンネルぬけて紅葉晴れ(鬼形 瑞枝)木の葉舞ふ最後の時を煌めかせ(堤 かがり)今更に遊び心や小六月(鈴木由里子)放棄するための手続き冬日和(中野 千秋)粛々と進む秒針神無月(杉山 加織)街は今オレンジの箱冬夕焼(星野 裕子)茅葺きの人住んでをり干大根(堤 かがり)立冬や全き富士を真向ひに(ななさと紅緒)万人に分け隔てなく小春の日(岩佐 晴子)秋の空より本丸を見るドローン(阿部ひで希)メルヘンの径どこまでも散る銀杏(清水 檀)時雨るるやヘッドライトの目くらまし(稲葉 京閑)ひもすがら薪焚く頃や冬に入る(髙橋千登世)順番に点る街灯冬来たる(星野 裕子)友の名を新聞にみる文化の日(鬼形 瑞枝)十七の音を探すや神の旅(鈴木由里子)足腰の矍鑠として里神楽(岩佐 晴子)日時計の針を休めて山眠る(星野 裕子)枯葉舞ふ幾千万のメッセージ(鈴木由里子)取説を読むより慣れて文化の日(ななさと紅緒)湖に綺羅生まれ続けし小六月(杉山 加織)互選5票徳利の首は人肌小夜時雨(木暮陶句郎)鶏卵のほのかな温み日短か(ななさと紅緒)3票人波に浮いて沈んで大熊手(木暮陶句郎)日時計の針を休めて山眠る(星野 裕子)小春日の心の色を問ふてをり(鈴木由里子)十七の音を探すや神の旅(鈴木由里子)万人に分け隔てなく小春の日(岩佐 晴子)路線みな小さな駅舎残り菊(中野 千秋)店先の陶に名残りの初時雨(里村 閑)2票カーラジオ少し掠れて木の葉雨(木暮陶句郎)行列を吸ひ込む電車冬に入る(星野 裕子)街は今オレンジの箱冬夕焼(星野 裕子)取説を読むより慣れて文化の日(ななさと紅緒)放棄するための手続き冬日和(中野 千秋)稚の手のはじめてつかむ木の実かな(里村 閑)もう言葉の要らぬふたりに木の実降る(里村 閑)枯葉舞ふ幾千万のメッセージ(鈴木由里子)1票青空に雲はんなりと小六月(清水 檀)枝折り戸の向かうに石蕗の花の径(清水 檀)立冬の雨くろがねの夜をつくる(木暮陶句郎)原風景なりし柿、柿、柿の道(稲葉 京閑)時雨るるやヘッドライトの目くらまし(稲葉 京閑)かさこそと落葉 踏みしめ君の来る(髙橋千登世)冬立ちてコート終いのテニスかな(髙橋千登世)落ちもみじ露天の底に沈みけり(安部じゅん)道祖神石に色そふ石蕗の花(安部じゅん)媼独り椅子に眠れる小六月(安部じゅん)風食らひ狼飢ゑを凌ぎけり(星野 裕子)順番に点る街灯冬来たる(星野 裕子)長い長いトンネルぬけて紅葉晴れ(鬼形 瑞枝)トンネルを抜けしライトに時雨けり(堤 かがり)山茶花やしばしの留守にこぼれをり(堤 かがり)冬に入る恋の始めのピアスかな(鈴木由里子)少年のコーヒーデビュー冬初め(岩佐 晴子)コンビニの戸籍謄本石蕗の花(中野 千秋)冬紅葉単線列車遅れがち(中野 千秋)過去を引き剥がして散りぬ蔦紅葉(杉山 加織)秒針の粛々進む神無月(杉山 加織)小春日や銘々皿の薄き襞(杉山 加織)神渡雲はひたすら棚引きぬ(杉山 加織)湖に綺羅生まれ続けし小六月(杉山 加織)互選結果◎清水 檀 選鶏卵のほのかな温み日短か小春日の心の色を問ふてをり万人に分け隔てなく小春の日日時計の針を休めて山眠る枯葉舞ふ幾千万のメッセージ◎岩佐晴子 選鶏卵のほのかな温み日短かカーラジオ少し掠れて木の葉雨小春日の心の色を問ふてをり十七の音を探すや神の旅日時計の針を休めて山眠る◎堤 かがり 選落ちもみじ露天の底に沈みけり店先の陶に名残りの初時雨徳利の首は人肌小夜時雨神渡雲はひたすら棚引きぬ路線みな小さな駅舎残り菊◎髙橋千登世 選店先の陶に名残りの初時雨枝折り戸の向かうに石蕗の花の径稚の手のはじめてつかむ木の実かな山茶花やしばしの留守にこぼれをり路線みな小さな駅舎残り菊◎稲葉京閑 選立冬の雨くろがねの夜をつくる鶏卵のほのかな温み日短か過去を引き剥がして散りぬ蔦紅葉順番に点る街灯冬来たる取説を読むより慣れて文化の日◎中野千秋 選行列を吸ひ込む電車冬に入るトンネルを抜けしライトに時雨けり万人に分け隔てなく小春の日時雨るるやヘッドライトの目くらまし枯葉舞ふ幾千万のメッセージ◎星野裕子 選コンビニの戸籍謄本石蕗の花小春日の心の色を問ふてをり徳利の首は人肌小夜時雨十七の音を探すや神の旅路線みな小さな駅舎残り菊◎阿部ひで希 選かさこそと落葉 踏みしめ君の来る長い長いトンネルぬけて紅葉晴れ万人に分け隔てなく小春の日道祖神石に色そふ石蕗の花湖に綺羅生まれ続けし小六月◎里村 閑 選鶏卵のほのかな温み日短か風食らひ狼飢ゑを凌ぎけり徳利の首は人肌小夜時雨人波に浮いて沈んで大熊手日時計の針を休めて山眠る◎安部 じゅん 選鶏卵のほのかな温み日短か少年のコーヒーデビュー冬初めカーラジオ少し掠れて木の葉雨原風景なりし柿、柿、柿の道街は今オレンジの箱冬夕焼◎ななさと紅緒 選行列を吸ひ込む電車冬に入る放棄するための手続き冬日和粛々と進む秒針神無月徳利の首は人肌小夜時雨人波に浮いて沈んで大熊手◎鈴木由里子 選店先の陶に名残りの初時雨街は今オレンジの箱冬夕焼小春日や銘々皿の薄き襞人波に浮いて沈んで大熊手取説を読むより慣れて文化の日◎鬼形瑞枝 選青空に雲はんなりと小六月冬立ちてコート終いのテニスかな十七の音を探すや神の旅もう言葉の要らぬふたりに木の実降る媼独り椅子に眠れる小六月◎杉山 加織 選冬に入る恋の始めのピアスかな放棄するための手続き冬日和冬紅葉単線列車遅れがち徳利の首は人肌小夜時雨もう言葉の要らぬふたりに木の実降る

平成30年10月 月例インターネット句会 Vol.80結果発表

木暮陶句郎 選◎特選 6句たましひの抜け易き日のマスカット(中野 千秋)ヒマラヤの塩のうす紅衣被(ななさと紅緒)秋風に靡かせてゐる緑髪(鈴木由里子)親知らず抜かるる窓の鰯雲(中野 千秋)筆圧の弱き伝票暮の秋(杉山 加織)糸底の隠しクルスや秋時雨(ななさと紅緒)〇入選  24句 指貫の穴やや歪一葉忌(星野 裕子)秋冷や病院の床ぴつかぴか(稲葉 京閑)松手入終はりて松の背を伸ばす(里村 閑)メルヘンの出入口めく毒茸(堤 かがり)小春日や夫の散髪庭先で(岩佐 晴子)柿ばかり色付く過疎の村しづか(清水 檀)赤い羽根君のハートの上に止め(星野 裕子)淋しさは人混みにあり秋桜(鈴木由里子)登り窯雨の夜長を猛りをり(里村 閑)残したき名句一句やホ句の秋(岩佐 晴子)曇天の一点裂きて小鳥来る(杉山 加織)名月や片付け事は後回し(清水 檀)瀬には瀬の淵には淵の水の秋(星野 裕子)満腹もたまには許すきりたんぽ(岩佐 晴子)リビングは女の書斎昼の虫(ななさと紅緒)酔うたふり見透かされたる夜長かな(杉山 加織)車駆る心のままに秋日和(清水 檀)仮名文字のうすれし露の道しるべ(星野 裕子)この町が汝の故郷ぞ燕帰る(里村 閑)朝霧の消えゆく速さ山動く(岩佐 晴子)晩秋やはたきづくりの布を裂く(ななさと紅緒)天国に優しいあなた小鳥来る(鈴木由里子)菓子撒いて海鳥を呼ぶ秋の暮(中野 千秋)恋の火のそだつ夜長となりにけり(里村 閑)互選5票淋しさは人混みにあり秋桜(鈴木由里子)4票指貫の穴やや歪一葉忌(星野 裕子)3票たましひの抜け易き日のマスカット(中野 千秋)霧月夜彦乃たまきに逢へさうな(木暮陶句郎)曇天の一点裂きて小鳥来る(杉山 加織)2票柿ばかり色付く過疎の村しづか(清水 檀)赤い羽根君のハートの上に止め(星野 裕子)通学に裏径のあり猫じゃらし(星野 裕子)渓谷の闇の水音虫浄土(稲葉 京閑)登り窯雨の夜長を猛りをり(里村 閑)小春日や夫の散髪庭先で(岩佐 晴子)朝霧の消えゆく速さ山動く(岩佐 晴子)ヒマラヤの塩のうす紅衣被(ななさと紅緒)糸底の隠しクルスや秋時雨(ななさと紅緒)憂ひとは木々にもありて薄紅葉(木暮陶句郎)戸隠は翳りやすくて蕎麦の秋(木暮陶句郎)1票大利根の光の乱舞秋の川(清水 檀)瀬には瀬の淵には淵の水の秋(星野 裕子)仮名文字のうすれし露の道しるべ(星野 裕子)天国に優しいあなた小鳥来る(鈴木由里子)助走せる飛行機に沿ふ泡立草(中野 千秋)菓子撒いて海鳥を呼ぶ秋の暮(中野 千秋)新蕎麦や讃岐は遠くなりにけり(安部じゅん)松手入終はりて松の背を伸ばす(里村 閑)ツアーバス蔵より蔵へ新走(堤 かがり)谺せしちつぽけな声天高し(堤 かがり)また甘き誘ひに乗りぬ夕月夜(木暮陶句郎)伝票の弱き筆圧暮の秋(杉山 加織)互選結果◎星野裕子 選たましひの抜け易き日のマスカット霧月夜彦乃たまきに逢へさうな渓谷の闇の水音虫浄土朝霧の消えゆく速さ山動く大利根の光の乱舞秋の川◎岩佐晴子 選登り窯雨の夜長を猛りをりツアーバス蔵より蔵へ新走ヒマラヤの塩のうす紅衣被瀬には瀬の淵には淵の水の秋憂ひとは木々にもありて薄紅葉◎堤 かがり 選松手入終はりて松の背を伸ばす淋しさは人混みにあり秋桜リビングは女の書斎昼の虫仮名文字のうすれし露の道しるべ通学に裏径のあり猫じやらし◎鈴木由里子 選新蕎麦や讃岐は遠くなりにけりまた甘き誘ひに乗りぬ夕月夜曇天の一点裂きて小鳥来る渓谷の闇の水音虫浄土菓子撒いて海鳥を呼ぶ秋の暮◎ななさと紅緒 選指貫の穴やや歪一葉忌小春日や夫の散髪庭先で霧月夜彦乃たまきに逢へさうな憂ひとは木々にもありて薄紅葉筆圧の弱き伝票暮の秋◎髙橋千登世 選小春日や夫の散髪庭先で柿ばかり色付く過疎の村しづか淋しさは人混みにあり秋桜登り窯雨の夜長を猛りをりリビングは女の書斎昼の虫◎清水 檀 選指貫の穴やや歪一葉忌赤い羽根君のハートの上に止めヒマラヤの塩のうす紅衣被朝霧の消えゆく速さ山動く糸底の隠しクルスや秋時雨◎里村 閑 選赤い羽根君のハートの上に止め曇天の一点裂きて小鳥来る谺せしちつぽけな声天高し助走せる飛行機に沿ふ泡立草通学に裏径のあり猫じやらし◎安部じゅん 選たましひの抜け易き日のマスカット霧月夜彦乃たまきに逢へさうな淋しさは人混みにあり秋桜曇天の一点裂きて小鳥来る天国に優しいあなた小鳥来る◎中野千秋 選指貫の穴やや歪一葉忌柿ばかり色付く過疎の村しづか淋しさは人混みにあり秋桜リビングは女の書斎昼の虫戸隠は翳りやすくて蕎麦の秋◎杉山 加織 選指貫の穴やや歪一葉忌たましひの抜け易き日のマスカット淋しさは人混みにあり秋桜糸底の隠しクルスや秋時雨戸隠は翳りやすくて蕎麦の秋

平成30年9月 月例インターネット句会 Vol.79結果発表

木暮陶句郎 選◎特選 7句けいさんばかりしている翁秋の暮(鬼形 瑞枝)草の花活くれば君のゐるごとし(里村 閑)ちつぽけな世界に励む夜業かな(杉山 加織)手のひらにあるひとひらのいわし雲(中野 千秋)白粉花や鄙のかをりに浸る径(清水 檀)風の盆SP盤のおわら節(安部じゅん)まだ化粧落とさぬピエロ長き夜(星野 裕子)〇入選 27句 悲しみの色深くして黒葡萄(鈴木由里子)蜩の鳴き急ぎたる夕べかな(清水 檀)透きとほる静脈に針曼珠沙華(星野 裕子)寝不足に痛き朝日の曼珠沙華(堤 かがり)パスタには茸たつぷり寿(岩佐 晴子)ふるさとを見せたき人や水の秋(ななさと紅緒)もののけのため秋草を刈りのこす(中野 千秋)星屑を散らす谷底帽子花(鈴木由里子)カーブ急勾配秋の深みゆく(稲葉 京閑)老犬もふと立ち止まる秋夕焼(安部じゅん)滅びゆく野に心音のある九月(星野 裕子)山肌に並ぶショベルや秋黴雨(鬼形 瑞枝)ペン先の秋灯の影ふと止まる(堤 かがり)月光に金の透かしとなる草木(中野 千秋)空濠の底で秋蝶羽畳む(阿部ひで希)仲秋や二十歳乙女のグランドスラム(安部じゅん)秋灯コントラバスの寝かされて(星野 裕子)苦いもの食べたい齢新さんま(鬼形 瑞枝)烏瓜才能ありし人も呆け(鈴木由里子)山霧の湧き出ずる地ぞそは榛名(稲葉 京閑)雲ひとつ秋思のひとつのせてゆく(里村 閑)連結の車両の軋み鰯雲(堤 かがり)夕霧や赤城裾野に灯の滲む(杉山 加織)蓑皮をつるんと脱いできぬかつぎ(安部じゅん)酔芙蓉少女をんなになりゆけり(里村 閑)受話器よりはみだす声や敬老日(ななさと紅緒)秋空の高きを少し怖れけり(中野 千秋)互選7票水音も寄り添つてゐる虫の宿(木暮陶句郎)4票雲ひとつ秋思のひとつのせてゆく(里村 閑)片方で虫の声聴く長電話(岩佐 晴子)3票古城址の起伏に沿つて秋の蝶(阿部ひで希)まだ化粧落とさぬピエロ長き夜(星野 裕子)月と寝る二階の障子開け放ち(岩佐 晴子)受話器よりはみだす声や敬老日 (ななさと紅緒)秋の蚊や重たき影を引き摺つて(杉山 加織)ちつぽけな世界に励む夜業かな(杉山 加織)2票悲しみの色深くして黒葡萄(鈴木由里子)蜩の鳴き急ぎたる夕べかな(清水 檀)火と水の記憶を刻む原爆忌(稲葉 京閑)滅びゆく野に心音のある九月(星野 裕子)草の花活くれば君のゐるごとし(里村 閑)連結の車両の軋み鰯雲(堤 かがり)パスタには茸たつぷり寿 (岩佐 晴子)賢治忌や紙の重しの笑ひ栗(ななさと紅緒)もののけのため秋草を刈りのこす (中野 千秋)秋空の高さを少し怖れけり(中野 千秋)夕菅の星の記憶を消す旭(木暮陶句郎)1票烏瓜才能ありし人も呆け(鈴木由里子)老犬もふと立ち止まる秋夕焼(安部じゅん)秋灯コントラバスの寝かされて(星野 裕子)けいさんばかりしている翁秋の暮(鬼形 瑞枝)苦いもの食べたい齢新さんま(鬼形 瑞枝)宵闇や野の花の私語ここかしこ(里村 閑)酔芙蓉少女をんなになりゆけり(里村 閑)寝不足に痛き朝日の曼珠沙華(堤 かがり)ペン先の秋灯の影ふと止まる(堤 かがり)掘りおこす不揃ひなれど芋の秋(堤 かがり)ホームには傘傘傘の秋の雨(水上 一葉)想ひでよ秋雨けぶる駿河台(水上 一葉)断捨離と嘯く女今年酒(岩佐 晴子)祖母の家のお菓子の扉小鳥くる(ななさと紅緒)枝豆や食みて語りて忙しなき(杉山 加織)夕霧や赤城裾野に灯の滲む(杉山 加織)爽やかに人を褒めたる髭男(杉山 加織)萩の戸の奥にかすみのやうに住む(中野 千秋)どうしても虻に好かれて秋薊(木暮陶句郎)秋声や詩ごころ風のやうなもの(木暮陶句郎)互選結果◎清水 檀古城址の起伏に沿って秋の蝶滅びゆく野に心音のある九月雲ひとつ秋思のひとつのせてゆく湖澄むや底にマグマを潜ませて想ひでよ秋雨けぶる駿河台◎水上 一葉秋の蚊や重たき影を引き摺つてペン先の秋灯の影ふと止まる片方で虫の声聴く長電話枝豆や食みて語りて忙しなき受話器よりはみだす声や敬老日◎ななさと紅緒けいさんばかりしている翁秋の暮パスタには茸たつぷり寿秋灯コントラバスの寝かされて萩の戸の奥にかすみのやうに住む湖澄むや底にマグマを潜ませて◎岩佐 晴子ちつぽけな世界に励む夜業かな雲ひとつ秋思のひとつのせてゆく爽やかに人を褒めたる髭男秋空の高きを少し怖れけり水音も寄り添つてゐる虫の宿◎髙橋千登世蜩の鳴き急ぎたる夕べかな草の花活くれば君のゐるごとし老犬もふと立ち止まる秋夕焼月と寝る二階の障子開け放ち苦いもの食べたい齢新さんま◎星野 裕子宵闇や野の花の私語ここかしこ夕菅の星の記憶を消す旭賢治忌や紙の重しの笑い栗雲ひとつ秋思のひとつのせてゆく水音も寄り添つてゐる虫の宿◎堤 かがり月と寝る二階の障子開け放ちちつぽけな世界に励む夜業かなまだ化粧落とさぬピエロ長き夜雲ひとつ秋思のひとつのせてゆく水音も寄り添つてゐる虫の宿◎里村 閑古城址の起伏に沿って秋の蝶パスタには茸たつぷり寿片方で虫の声聴く長電話連結の車両の軋み鰯雲秋空の高きを少し怖れけり◎鈴木由里子賢治忌や紙の重しの笑い栗まだ化粧落とさぬピエロ長き夜祖母の家のお菓子の扉小鳥くる秋声や詩ごころ風のやうなもの酔芙蓉少女をんなになりゆけり◎稲葉 京閑蜩の鳴き急ぎたる夕べかなちつぽけな世界に励む夜業かな夕菅の星の記憶を消す旭受話器よりはみだす声や敬老日水音も寄り添つてゐる虫の宿◎中野 千秋悲しみの色深くして黒葡萄古城址の起伏に沿って秋の蝶秋の蚊や重たき影を引き摺つて滅びゆく野に心音のある九月受話器よりはみだす声や敬老日◎鬼形 瑞枝秋の蚊や重たき影を引き摺つて月と寝る二階の障子開け放ち片方で虫の声聴く長電話ホームには傘傘傘の秋の雨男捨離と嘯く女今年酒◎阿部ひで希寝不足に痛き朝日の曼珠沙華もののけのため秋草を刈りのこす掘りおこす不揃ひなれど芋の秋夕霧や赤城裾野に灯の滲む水音も寄り添つてゐる虫の宿◎安部じゅん悲しみの色深くして黒葡萄片方で虫の声聴く長電話烏瓜才能ありし人も呆け連結の車両の軋み鰯雲水音も寄り添つてゐる虫の宿◎杉山 加織草の花活くれば君のゐるごとしもののけのため秋草を刈りのこすどうしても虻に好かれて秋薊まだ化粧落とさぬピエロ長き夜水音も寄り添つてゐる虫の宿

平成30年8月 月例インターネット句会 Vol.78結果発表

木暮陶句郎 選◎特選 10句夜顔や闇をよごさずよごされず(里村 閑)白萩やただうなづいてくるる人(ななさと紅緒)寝転ろびて探す星座や波涼し(ななさと紅緒)囚はれぬ心映して夏の海(鈴木由里子)紛れ無き今日と言ふ日や秋立ちぬ(清水 檀)墓洗ひ家族旅行に出かけけり(稲葉 京閑)ふるさとで母になる君鰯雲(里村 閑)炸裂の花火の火の粉湖に消ゆ(阿部ひで希)ガソリンを僧はセルフで盆の月(堤 かがり)人の世の歯車を捨て星祭(杉山 加織)〇入選 24句 夏草や負けず嫌ひのアスリート(鈴木由里子)冷房のきいた個室でオペを待つ(髙橋千登世)オムレツにケチャップの文字子の夜食(岩佐 晴子)朝顔を数へて一日始まりぬ(堤 かがり)秋めくや映画リストに恋の文字(杉山 加織)川音の中の静寂鮎を釣る(稲葉 京閑)ジスイズアペン言つてみて夏休み(水上 一葉)優しさにまさるものなし水中花(鈴木由里子)火と水の記憶を刻む原爆忌(星野 裕子)夏終はるオペ室までの長廊下(髙橋千登世)ギヤマンの瓶の底より秋の声(星野 裕子)地平線銀漢の突き刺さりけり(安部じゅん)篠笛の晩夏ゆすぶる二重奏(里村 閑)鎮魂の御言葉もあり涼新た(水上 一葉)客送り寂しさ少し盆の月(堤 かがり)湖は夜を閉ぢ込めたがる星月夜(杉山 加織)身を任す無数のゆらぎ大花野(中野 千秋)今年また一日遅れの墓参かな(水上 一葉)耳よりも胸に響きて揚花火(堤 かがり)各階止まりのエレベーターや秋暑し(ななさと紅緒)ひぐらしのなぞりし空の裏表(杉山 加織)かなかなの声に挽歌の想ひあり(星野 裕子)空き箱に貝殻ならべ夏惜しむ(ななさと紅緒)ダンサーの火照りを鎮めかき氷(阿部ひで希)互選6票太陽の乱入したる金魚玉(木暮陶句郎)4票住職の声の太さや送り盆(木暮陶句郎)星を見るかたちに置かれ茄子の馬(木暮陶句郎)3票サルビアや会議の後の偏頭痛(鈴木由里子)夜の秋人に言の葉物に音(星野 裕子)桐一葉振り向かぬやう渡る橋 (安部じゅん)夜顔や闇をよごさずよごされず (里村 閑)ふるさとで母になる君鰯雲(里村 閑)空き箱に貝殻ならべ夏惜しむ(ななさと紅緒)陶工の弟子の細腕涼新た(杉山 加織)2票川音の中の静寂鮎を釣る(稲葉 京閑)白樺の奥へと少しづつ秋思(星野 裕子)火と水の記憶を刻む原爆忌(星野 裕子)厨事暑さに熱さ加へをり(岩佐 晴子)朝顔を数へて一日始まりぬ(堤 かがり)耳よりも胸に響きて揚花火(堤 かがり)カーテンの波寄せ返す昼寝かな (ななさと紅緒)寝転ろびて探す星座や波涼し(ななさと紅緒)ダンサーの火照りを鎮めかき氷 (阿部ひで希)ひぐらしのなぞりし空の裏表(杉山 加織)人の世の歯車を捨て星祭(杉山 加織)1票夏草や負けず嫌ひのアスリート(鈴木由里子)囚われぬ心映して夏の海(鈴木由里子)降り注ぐ光の如き蝉時雨(清水 檀)ギヤマンの瓶の底より秋の声(星野 裕子)高床の涼しさ寺の猫眠る(稲葉 京閑)桔梗や小切れは母の恋衣(里村 閑)嵯峨野ゆく千年前も虫の闇(中野 千秋)身を任す無数のゆらぎ大花野(中野 千秋)新しき消しゴム下ろす涼新た(岩佐 晴子)ジスイズアペン言つてみて夏休み(水上 一葉)鎮魂の御言葉もあり涼新た(水上 一葉)客送り寂しさ少し盆の月(堤 かがり)ガソリンを僧はセルフで盆の月(堤 かがり)白萩やただうなづいてくるる人(ななさと紅緒)新涼や坊主頭の球児たち(木暮陶句郎)

平成30年7月 月例インターネット句会 Vol.77結果発表

木暮陶句郎 選◎特選 10句一葉のたわみ蛍の火の重み(星野 裕子)水打つや勝負の帯の濃紫(ななさと紅緒)水中花人に好かれず嫌はれず(星野 裕子)夏草や紙飛行機に展開図(鈴木由里子)ちぐはぐに動く金魚の目玉かな(堤 かがり)夏座布団積んで客待つ峠の温泉(阿部ひで希)熱き砂裸足で掴み海目指す(清水 檀)流星や岬の舟はオルゴール(鈴木由里子)夏服にひと日の疲れ地下茶房(星野 裕子)桃を剥く優しさ全部持ち寄つて(杉山 加織)〇入選 29句 シヤワー浴ぶ何もなかつた日のやうに(大貫ひすゐ)潮騒の声よみがへる貝風鈴(清水 檀)梅雨冷や紅茶に入れる角砂糖(稲葉 京閑)待つていた塩玉葱の宅急便(水上 一葉)夏の夜の注ぐ洋酒の琥珀色(大貫ひすゐ)無住寺の紫陽花句碑の肩に添ふ(阿部ひで希)みづうみのやうにひろごる夏の空(清水 檀)下駄からころ洗いざらしの藍浴衣(安部じゅん)炎天の車は熱の塊に(稲葉 京閑)虹二重ホースの先に夢の国(岩佐 晴子)やすらぎに包まれ歩く木下闇(水上 一葉)月涼し百万ドルの夜景にも(杉山 加織)冷酒酌む祖父の遺愛の盃に(大貫ひすゐ)噴水のてつぺんに風集中す(星野 裕子)蟻地獄散歩急がぬ老ゆる犬(安部じゅん)昼寝する孫の寝顔や飽きもせず(高橋千登世)不条理な人生もある戻り梅雨(水上 一葉)二個入れてバランスの良き水中花(堤 かがり)日傘貫く香港の陽射しかな(杉山 加織)ギャマンの冷酒のしづく胸に滲む(清水 檀)遠い日やサイダー一本もてあます(鬼形 瑞枝)またの名は女優帽なり銀座朱夏(ななさと紅緒)水打つて客待つ店の門構へ(大貫ひすゐ)歌丸の芸事累ヶ淵涼し(安部じゅん)雲の峰算盤塾の大盛況(鈴木由里子)明易し俄サッカーファンとなり(岩佐 晴子)サルビアは昭和の薫り母想ふ(水上 一葉)雲の峰息して乳房眠りゐる(里村 閑)指さして夕に小さき夏の月(堤 かがり)互選6票梅雨冷や紅茶に入れる角砂糖(稲葉 京閑)5票一葉のたわみ蛍の火の重み(星野 裕子)ちぐはぐに動く金魚の目玉かな(堤 かがり)3票滴りの一滴ごとの長さかな (大貫ひすゐ)水中花人に好かれず嫌はれず(星野 裕子)夏服にひと日の疲れ地下茶房(星野 裕子)鍋磨く次々磨く明易し(岩佐 晴子)逆らはず白髪受け入れ半夏生(岩佐 晴子)天辺を知らず伸びゆく雲の峰(杉山 加織)桃を剥く優しさ全部持ち寄つて(杉山 加織)月見草恋のメールに嘘少し(木暮陶句郎)2票シヤワー浴ぶ何もなかつた日のやうに(大貫ひすゐ)潮騒の声よみがへる貝風鈴(清水 檀)熱き砂裸足で掴み海目指す(清水 檀)一瞬に大地傾く夏出水(星野 裕子)動くもの隠してをりぬ草いきれ(堤 かがり)白よりも紫に風夕木槿(木暮陶句郎)終はりとは始まりであり大夕焼(木暮陶句郎)1票夏の夜の注ぐ洋酒の琥珀色(大貫ひすゐ)冷酒酌む祖父の遺愛の盃に(大貫ひすゐ)水打つて客待つ店の門構へ(大貫ひすゐ)師の句碑を洗ひ流すや梅雨の糸(阿部ひで希)みづうみのやうにひろごる夏の空(清水 檀)歌丸の芸事累ヶ淵涼し(安部じゅん)炎天の車は熱の塊に(稲葉 京閑)単調な風送り来る扇風機(稲葉 京閑)太陽を覗く湖沼や夏帽子(鈴木由里子)雲の峰算盤塾の大盛況(鈴木由里子)虹二重ホースの先に夢の国(岩佐 晴子)待つていた塩玉葱の宅急便(水上 一葉)やすらぎに包まれ歩く木下闇(水上 一葉)タイ解けばレースのカーテン風を抱く(里村 閑)雲の峰息して乳房眠りゐる(里村 閑)水打つや勝負の帯の濃紫(ななさと紅緒)夜のひまはり敗兵の影をひき(ななさと紅緒)土用鰻女四代うち揃ひ(ななさと紅緒)指さして夕に小さき夏の月(堤 かがり)下駄音も寄り添つてゐる宿浴衣(木暮陶句郎)

平成30年6月 月例インターネット句会 Vol.76結果発表

木暮陶句郎 選◎特選 6句涼やかや老舗の和菓子泪色(清水 檀)今日と言ふひと日を消して梅雨烟る(清水 檀)短夜や壊れ易きは砂の城(鈴木由里子)黒南風や水漏れ続くエコキュート(安部じゅん)漱石の文庫を閉じて焚く蚊遣(清水 檀)毛虫焼く今宵は仮面舞踏会(ななさと紅緒)〇入選 26句 竹皮を脱ぐ天空にまだ余白(星野 裕子)無機質な朝のポストや明易し(鈴木由里子)円陣の真ん中あたり青葉風(堤 かがり)落ちさうな釦をちぎる溽暑かな(ななさと紅緒)運針のあとの痺れや梅雨兆す(杉山 加織)切りし時ことに香りし百合の花(大貫ひすゐ)駅前のバスの発着風緑(稲葉 京閑)ジョギングの髪を揺らして夏木立(星野 裕子)拝観はシニア料金梅雨晴れ間(水上 一葉)パン皿に名も無き小鳥夏の島(鈴木由里子)黴嗅いで太き柱の映画館(安部じゅん)湘南のホテル育ちや燕の子(ななさと紅緒)さくらんぼ従姉妹同士で同い年(中野 千秋)梅雨湿り画面走らすスマートホン(稲葉 京閑)カーボン紙の色の澱みの五月闇(星野 裕子)噴水や若き涙のかはくまで(里村 閑)蝸牛あすには取れるギブスかな(ななさと紅緒)濡れるとも無くて濡れゆく梅雨の街(清水 檀)目高池雨に溢れんばかりなり(堤 かがり)縁の下月面のごとく蟻地獄(岩佐 晴子)単衣着て目もとは母に似てきたる(大貫ひすゐ)真夜中の帰宅金魚に迎えらる(星野 裕子)梅雨晴れ間待ってましたとテニスかな(髙橋千登世)林間に星の滴る夏野かな(鈴木由里子)逆しまに雲むくむくと植田かな(岩佐 晴子)梅雨寒し閉店といふレストラン(大貫ひすゐ)互選5票さくらんぼ従姉妹同士で同い年(中野 千秋)竹皮を脱ぐ天空にまだ余白(星野 裕子)4票落ちさうな釦をちぎる溽暑かな(ななさと紅緒)湘南のホテル育ちや燕の子(ななさと紅緒)短夜や少しがたつくバーの椅子 (木暮陶句郎)3票さくらんぼ従姉妹同士で同い年(中野 千秋)七変化俳人意気な嘘を言ふ(中野 千秋)サングラスかけても嘘の下手な人 (大貫ひすゐ)涼やかや老舗の和菓子泪色 (清水 檀)黴嗅いで太き柱の映画館 (安部じゅん)運針のあとの痺れや梅雨兆す(杉山 加織)2票六月や開店前のヴィヴァルディ (中野 千秋)紫陽花の手折りて零す雨の粒 (清水 檀)漱石の文庫を閉じて焚く蚊遣 (清水 檀)水もまた香を立たせけり紅薔薇 (星野 裕子)円陣の真ん中あたり青葉風(堤 かがり)ででむしや今日の仕事を先送る (堤 かがり)蝸牛あすには取れるギブスかな(ななさと紅緒)毛虫焼く今宵は仮面舞踏会(ななさと紅緒)1票切りし時ことに香りし百合の花(大貫ひすゐ)梅雨寒し閉店といふレストラン(大貫ひすゐ)単衣着て目もとは母に似てきたる(大貫ひすゐ)梅雨の蚊のおもむろに人刺さむとす(稲葉 京閑)駅前のバスの発着風緑(稲葉 京閑)今日と言ふひと日を消して梅雨烟る(清水 檀)濡れるとも無くて濡れゆく梅雨の街(清水 檀)拝観はシニア料金梅雨晴れ間(水上 一葉)本堂の襖はづして読経かな(水上 一葉)短夜や壊れ易きは砂の城(鈴木由里子)薔薇二輪引き合ふごとくゆるるかな(里村 閑)小判草浮世の風にをどりけり(里村 閑)鬼灯の花夕暮れに生まれたり(安部じゅん)老犬と歩く夕暮れ夏椿(安部じゅん)遠雷や匍匐前進猫の尻(石川 祐司)過疎の地に二人ぼつちや時鳥(岩佐 晴子)縁の下月面のごとく蟻地獄(岩佐 晴子)逆しまに雲むくむくと植田かな(岩佐 晴子)湧水のこんもりとして緑の夜(木暮陶句郎)好きなんて言はない絶対七変化(杉山 加織)思ひ出の色青みつつ梅雨に入る(杉山 加織)カーナビの心なきこゑ梅雨じめり(杉山 加織)